イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

Aussie English - オーストラリア英語





解説


イギリス連邦加盟国のオーストラリア。イギリス英語を軸にしつつも、本国イギリスとは遠く離れた地球の反対側に位置する大陸にあるだけあって、その英語は実に特徴的だ。

勿論、フォーマルな状況であれば、オーストラリア英語の語彙はイギリス英語のそれとほとんど差異がないとされる。単語もこのレベルにおいてはイギリスのものが多く使われるし、綴りもイギリス式だ。これらの地域差に関しては、Karen's Linguistic Issuesが詳しいので参照されたい。

ところが、これがスラングになるとこれがそうではなくなり、オーストラリア色がぐっと濃くなる。例えば、オーストラリア英語の単語の特徴として、縮約(省略)接尾辞の追加が往々にして起こる。オージー達は長ったらしい単語がとにかく大嫌いだ。例えば、バーベキューを意味する"barbie""barbecue"が省略され、接尾辞-ieがついたものである。 他、-o-yなどの接尾辞も、オージー英語には欠かせない接尾辞である。また、口語レベルでuniversityuniとなるのもオーストラリアならでは。

特徴的な英語方言の一つとしてよく例に出されるオージースラング。その一部ではあるけれど、下記にまとめたので、是非ご覧頂きたい。

servo
sheila
shite
smoko
snag
socceroos
Straya
sunnies
syphon the python
ta
tata
Tassie
thong 
tinny
traino
tucker
uni
ute
yakka
yonks

動画
オーストラリア英語を聴いてみよう

他、イギリス英語ニュージーランド英語も参照されたい。これらにもオーストラリアで使われる単語が掲載されている。


音声的特徴


その植民の歴史から、イギリス英語の特徴を受けている。なので、アメリカ英語とは異なりnon-rhoticである。rhoticとは、簡単に言えばrの音が常に発音されること。一方non-rhoticの場合、母音の後のrは発音されない。heartという単語を例にとってみると、イギリスでは/ha:t/、アメリカでは/ha:rt/となる。但し、イギリス英語でも、/r/のあとに母音が続く場合はこの限りではない(例:fatherの後にandが続く場合)。

オーストラリア英語のVowel Systemはロンドンの下町方言コックニー(Cockney)に近しいとも言われている。代表的な例として、/ei//ai/に変化するのが挙げられる。I'm going to hospital today/アイムゴーイングトゥーホスピタルトゥデイ/が[アイムゴーイングトゥホスピタルトゥダイ]=「私は今日病院に行って死ぬ(dieはこの場合のtodayのdayと同音になる)」ともとれてしまうといった話は有名だろう。

その他オーストラリア英語の音声に関する詳細は、語彙を中心に紹介するブログなのでここでの解説は避ける。詳しい音声的特徴に関しては、Macquarie University - Australian English Phoneticsfonetiks.org - Australian English Pronunciationを参照されたい。

Appendix:Australian Tourism Commissionによる観光キャンペーンのCM

豪州出身のポール・ホーガン主演の観光促進キャンペーンより。当ブログで紹介するAussie Slangの単語や、上記の/ei/→/ai/も確認が可能。いかにもな「オーストラリア英語」です。