イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

number two



number two [ナンバートゥー]

[名]
1.うんち、ウンコ、排便

日本語に直訳すると「二番」。さて、一体何を意味するのでしょう。ちょっと汚いお話なので、食事中の人には大変失礼いたします。

うんち」を意味するこのnumber two(No.2)というスラングは子供が使う傾向にあります。大人でもウンチ(poop, poo, defecation)に行くとハッキリと言いたくない時や言うのが憚られる場合にこの遠まわしな表現を使います。

因みにnumber one(No.1)は「おしっこ」を意味するスラングです。おしっこが最初(一番目)に出るものだからnumber one、二番目に出るのがうんちだからnumber twoという説もあります。two[トゥー]poo(ウンチを意味します)[プー]で韻を踏んでいるから、と言う人もいます。面白いですよね。日本語で「小さいほう」や「大きいほう」と言うのに似ている感覚でしょうか。

go number twotake (a) number two, do number twoで「うんちに行く」、「うんちをする」を意味します。

例文 My dad always tells me the bathroom smells after they take a number two. 俺のオヤジ、ウンコをした後にトイレがどれだけ臭いかいっつも俺に言ってくるんだよね。
例文 I gotta take a number two. うんちをしに行きたい。