イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

ballpark figure

ballpark figure [ˈbɔ:lˌpɑ:rk fígjər][ボールパーク・フィギュア]

[名](アメリカ)
1.およその数字。概算値。

野球に由来するだけにとてもアメリカらしい俗語。勿論基本的な"ballpark"の意味は「野球場」なんだけれど、これが意外と厄介で、「estimate(概算)」といった意味も持つ。なので、"ballpark figure"と言ったら「概算値」という意味になる。アメリカで生活をしていたのに由来を知らずに使っていたのだが、良い機会なので調べてみた。Wikipedia先生によると、"From the fact that baseballs are seldom hit out of the ballpark, but may still land anywhere within a large area."とのこと。「正確な値を野球場(ballpark)に例えて、その予想される振れ幅をボールがホームランで野球場から飛び出す可能性のある範囲とした。」といったところか。他にも諸説あるようだけれど。

このスラング、アメリカ人(と一部のカナダ人)以外にとっては何のことやら分からないものだろう。実際に、私のイギリス人の同僚がアメリカのお客さんとの面談でこれを使われ怪訝な顔をしていたのを思い出す。ビジネスでもバリバリ使ってくるアメリカ人が結構いるので、取引のある方は要注意かもしれない。非野球文化圏の人間に使っても分からないよな、とローカライズされたスラングの恐ろしさを感じる。

例 Give me a ballpark figure on the cost of the next business trip.(次の出張費の概算を出してくれ。)