イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

chav

chav [ʧǽv][チャヴ]

[名](イギリス)
1.チャヴ。

2000年代に入ってから、日常生活からメディアでの使用に至るまで存在感を増したイギリス英語特有のスラング。「特定のファッションに身を包み、非行に走る青少年(主に労働者階級で教養の無い者)」の事を指す。同僚の英国人に色々定義を聞いてみたが、どうにも訳し辛い。chavはチャヴでしかない。日本語にするのであれば、先に述べた非行や、下記に詳しく述べるファッションを考慮すると、「チーマー」(最近耳にしないけれどまだいるのかな?)や「ストリートギャング」が最も近しいだろう。
また、単に「不良少年」や「ヤンキー」としても問題はないかと。

チーマー同様chavはファッションにこだわりを持っており、そのスタイルは、いわゆる「B系」や「ストリート系」をイメージして貰うと手っ取り早い。だぼっとしたスポーツジャージ(NIKEあたりの)や、フード付きのパーカーを着用し、頭にはスポーツキャップ、足はスニーカー(主に白)で固めている。また、Burberry(バーバリー)は何故かchav御用達のブランドで、イギリス人の同僚曰く"Burberry=chav"の図式さえ成り立つとのこと。

2005年と少々古いが、このchav御用達のイメージがBurberryから本来の顧客を遠ざけており、結果として売り上げの低迷に繋がっているのではないかとの記事も。
Times Online | Chav Fashion - Imitation is the sincerest form of annoying the fashionistas

chavのより詳しい解説や、彼らの属する低所得者層の問題を含めたイギリスの社会事情が、今日はチャブのお話です|Groko's world adventureに記述されているので、興味のある方は是非。現地の大学に在学中の方の現地からのレポートです。

女の子の場合はchavette (/ʧævét/)と呼ばれる。こちらはミニスカート、ローヒップのデニムパンツ、トレーナーやスポーツタイプのジャケット、ヘソ出しのキャミソールやTシャツ、でっかい金色のイヤリング、ブリーチされた髪、サンバイザーなどがトレードマーク。彼女達も同じくバーバリーに心酔している。


百聞は一見にしかず。この動画を見ればchav、chavetteの何たるかが掴めると思います。