イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

mojo

mojo [モウジョウ]

[名](アメリカ)
1.お守り。
2.魔法の力。
3.異性へのアピール。
4.情熱、熱意。
5.自尊心。自信。
6.パワー
7.生命力


もてない女性の事ではありません。上記のように様々な訳がありますが、総合してその人が内に持つ何らかの「力」「パワー」「生命力」と理解するのが適当かもしれません。状況に応じて上記の役を上手く当てはめていきましょう。

このmojoはテキサスのハイスクールフットボールチームを描いた群像劇の名作、Friday Night Lightsに登場するPermian High School Panthersのスローガンにもなっています。


例 I need to get back my mojo. 力を取り戻さなければならない。
例 I have lost running mojo. 走るパワーを失ってしまった。
例 Take your time to unplug, shop, read...whatever will help regain your mojo. 走ったり、読書したり、買い物したり、のんびりしたり…あなたの力を取り戻すのに役立つことに時間をかけましょう。

Facey

Facey [フェイスィー]

[名]
1.Facebook

Facebookの略称。小文字でfaceyとも。若者が好んで使う傾向にあります。

同じ意味を持つネットスラングでFBなんてのもありますが、こちらは口語で[エフビー]とは言いません。声に出す時はFacebook[フェイスブック]よりFace[フェイスィー]と言ったほうが楽ですね。

例 Just saw your post on Facey. That was cool. フェイスブックでお前の投稿見たよ。あれはイカしてる。
例 This is my new timeline pic for facey. これが私の新しいフェイスブックのタイムライン用の写真。

fair dinkum

fair dinkum [フェア・ディンカム]

[慣用句](オーストラリア)
1.本物の、公正な、正真正銘の

このfair dinkumはオーストラリア英語の代表格の一つとも言えるでしょう。「本物の」「公正な」と言った意味を持つオージースラングです。因みにfair dinkum Aussieで、「本物のオーストラリア人」や「典型的なオーストラリア人」を意味します。

例 He's a fair dinkum Aussie. 彼は生粋のオーストラリア人だ。
例 Whoever made the decision is a fair dinkum. その決断を下した人は公正だ。

'Fair dinkum?'疑問文で使われると、「本当に?」といったニュアンスになります。'Really?'に近い感じですね。

例 You are 190cm tall? Fair dinkum? あなた190cmも身長あるの?本当?

FML

FML

[慣用句](インターネット)
1.=Fuck My Life

インターネットスラングの一つでFuck My Lifeアクロニム。Fuck My Lifeの意味は「私の人生って最悪」で、落胆や怒りを表す際に使われる慣用句です。物事が思い通りに運ばなかったり何か嫌な事があったらこれを使いましょう。因みにfuckは俗に言う「F-word」と呼ばれるもので、放送禁止用語の一つでもあるので、カジュアルな場では結構だけれども、オフィシャルな場では使用を避けたほうがいいです。

小文字でfmlも可。

例 I gotta wake up in 3 hours. FML. あと三時間したらもう起きなきゃいけない。俺の人生ってサイアク。
例 I fell asleep and missed the game fml. 寝落ちして試合を見逃した。最悪。
例 Pretty sure I failed my math test fml. 数学の試験に落ちたのは確実。私の人生ってついてない。

bae

bae [ベイ]

[名]
1.彼氏、彼女、愛しい人

[バエ]というよりは[ベイ]と発音されます。彼氏や彼女に対する相性のbaby[ベイビー]babe[ベイブ]が変化したものと言われていますがbefore anyone else(「誰よりも先に」、という意味になります)アクロニムとの説もあります(後付け?)。若者がよく使うスラングで、「愛しい人」、つまりは「ボーイフレンド」「ガールフレンド」といった意味になります。また、「マイハニー」のように付き合っている相手に対する呼びかけとしても使えます(例3参照)。

因みにデンマーク語では「うんち」を意味するらしいですよ。

例1 I hate it when I bae ignores my call. 彼氏が私の電話無視する時がウザい。
例2 I love my bae so much. 彼女の事が大好き。
例3 Thank you my bae. 有難うマイハニー。