イギリス英語 / アメリカ英語 / カナダ英語 / オーストラリア英語 / ニュージーランド英語 / シンガポール英語 / インターネットスラング
A / B / C / D / E / F / G / H / I / J / K / L / M / N / O / P / Q / R / S / T / U / V / W / X / Y / Z / 数字・記号 / コラム

ghetto



ghetto [ゲットー]

[名]
1.治安が悪く貧しい地区・地域、スラム街、人種的マイノリティの住む地区

[形]
1.貧相な、酷い

ゲットー(ghetto)とは、ヨーロッパ諸都市内でユダヤ人が強制的に住まわされた居住地区である。また、第二次世界大戦時、東欧諸国に侵攻したナチス・ドイツがユダヤ人絶滅を策して設けた強制収容所のことで(参考文献:Wikipedia)、このスラングもこれらに由来します(酷い話ですね)。 

主にアメリカカナダにおいて、ある地域の中にある貧困地区のことを表します。いわゆるスラム街と呼ばれる場所を指し、人種的マイノリティや貧困層(これらは度々イコールで語られますね)の人々が住民の多くを占める場所。貧困率に比例して犯罪発生率も高いです。

同じ意味を持つ単語としてはrough neighborhoodhoodがあります。

筆者の住んでいたカナダのGreater Vancouverを例にとってみますと、Surreyの一部がghettoにあたるとよく言われています。

余談ですが、筆者の通っていたカナダの大学の近くの不味い寿司屋が"ghetto sushi"の悪名を与えられていました。ネズミを寿司のネタに使っているとかそんな噂が立っていたものです。 この場合「酷い」や「貧相な」などの意味でghettoが使われていますね。

例文 Two things to know about the ghetto, it's very dangerous and also very fashionable. ゲットーについて知っておくべきこと。一つはとても危ないという事。二つ目はとってもお洒落な場所だということ。
例文 I can never eat ghetto food. ゲットーフード(クオリティの低い食べ物)は口に出来ないなぁ。
例文 What the fuck did Obama do for the ghetto in his 8 years? オバマが8年間の任期の中で貧困地域(マイノリティの居住地域)に対して一体全体何をしたと言うのだ。




number two



number two [ナンバートゥー]

[名]
1.うんち、ウンコ、排便

日本語に直訳すると「二番」。さて、一体何を意味するのでしょう。ちょっと汚いお話なので、食事中の人には大変失礼いたします。

うんち」を意味するこのnumber two(No.2)というスラングは子供が使う傾向にあります。大人でもウンチ(poop, poo, defecation)に行くとハッキリと言いたくない時や言うのが憚られる場合にこの遠まわしな表現を使います。

因みにnumber one(No.1)は「おしっこ」を意味するスラングです。おしっこが最初(一番目)に出るものだからnumber one、二番目に出るのがうんちだからnumber twoという説もあります。two[トゥー]poo(ウンチを意味します)[プー]で韻を踏んでいるから、と言う人もいます。面白いですよね。日本語で「小さいほう」や「大きいほう」と言うのに似ている感覚でしょうか。

go number twotake (a) number two, do number twoで「うんちに行く」、「うんちをする」を意味します。

例文 My dad always tells me the bathroom smells after they take a number two. 俺のオヤジ、ウンコをした後にトイレがどれだけ臭いかいっつも俺に言ってくるんだよね。
例文 I gotta take a number two. うんちをしに行きたい。




number one



number one [ナンバーワン]

[名]
1.おしっこ、排尿

日本語に直訳すると「一番」。さて、一体何を意味するのでしょう。ちょっと汚いお話なので、食事中の人には大変失礼いたします。

おしっこ」を意味するこのnumber one(No.1)というスラングは子供が使う傾向にあります。大人でもおしっこ(pee, urination)に行くとハッキリと言いたくない時や言うのが憚られる場合にこの遠まわしな表現を使います。

因みにnumber two(No.2)は「うんち」を意味するスラングです。おしっこが最初(一番目)に出るものだからnumber one、二番目に出るのがうんちだからnumber twoという説もあります。面白いですよね。日本語で「小さいほう」や「大きいほう」と言うのに似ている感覚でしょうか。

go number onetake number oneで「おしっこに行く」、「おしっこをする」を意味します。

例文 I gotta go number one!! おしっこに行かなきゃ!!
例文 I wanna take number one. おしっこに行きたい。